がりがり!やみつきになる美味しさです。 ― 妃屋(Kisakiya)の「マクロビスイーツ」(いちむら さんのストーリー)

このストーリーは持ちよりスイーツ交流会No.2に参加された方に書いていただいたスイーツカードの内容を書き起こしたものです。


がりがり!やみつきになる美味しさです。

妃屋(Kisakiya)の「マクロビスイーツ」

いちむら さん

このお店とは、手づくり市で出会いました。

京都は手づくり市がとても盛んで、他にも美味しいお菓子を出しているお店はたくさんありますが、私が大好きで足しげく通っているのが、この妃屋さんです。ご夫婦で営んでらっしゃるこの妃屋さんですが、実は妃屋という屋号で旦那さんが革小物、奥様がお菓子という変わった組み合わせのお店です。

奥様が作るこちらのマクロビスイーツにハマったきっかけになったのが、レーズンクッキーです。レーズンクッキーなんてどこにでもありそうですが、このクッキーの魅力はなんといってもアゴに響く音が心地良いとも感じる「がりがり」の食感です。卵・牛乳などアレルギーフリーで作る、いわゆるマクロビスイーツは物足りないイメージがどうしてもあったのですが、こんなに美味しいと思えるマクロビスイーツがあったのか!と思いました。がりがりの食感はくせになり、天然塩がほんのりと甘じょっぱくて次から次への手が止まらなくなる美味しさです。もちろん、材料は国産小麦をはじめとしたこだわりのオーガニック素材で安心・安全。

ほかにもわかめクッキーやごぼうスティックなど変わったラインナップですが、全て口に入れるとどこか懐かしいやさしい味です。食べるときにぼろぼろこぼれた小さなクッキーの欠片まで残さず食べたくなりますよ◎ ぜひ、がりがり食感のおいしいマクロビスイーツにハマってみてください。


Umio

Food & Learning の Umionia 代表。料理系ウェブサービスに携わった後、お菓子作りのコツを共有するサービスを開発。日本酒ジャーナリスト、日本酒コンシェルジュとして日本酒とそれを支える文化を伝える活動も実践。認定きき酒師、国際きき酒師(英語)、スイーツ協会認定スイーツコンシェルジュ。家訓に「いつも笑顔で、素直な心、食いしん坊ばんざい!」。

京都、東京、高松 http://umionia.com