/ 日本酒テイスティングノート

東麒麟 スパークリング オリジナル AZUMA KIRIN SPARKLING ORIGINAL|世界のSakéテイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

80年以上の歴史を持つブラジルの清酒メーカー Azuma Kirin(東麒麟)が2018年7月にリリースしたスパークリング・サケ。現在、この「オリジナル」のほか「洋梨」と「グレープフルーツ」がラインナップに並びます。

日系人の地酒からブラジルの地酒に変容

ブラジルでは2000年代に日本酒[1]ベースのカクテルがブームになり、その後も人気が続いています。もともとブラジルにあったカイピリーニャという蒸留酒ベースの度数の強いマッチョなカクテルからの発展形で、日本酒ベースにすることで仕上がりの度数が低く抑えられています。それで、健康志向の消費者や度数の強い酒を好まない女性に好まれているのです。

ブラジルの日本酒カクテルブームは、それまでは一部を除き日系人の飲み物であった日本酒が、ブラジル人全体に飲まれるようになったという点で重要な意味を持ちます。カクテルという飲み方の導入で、日系人の地酒であった東麒麟がその飲酒文化ごと変革させ、日系というコンテクストから独立したブラジルの文化と風土に根ざした「地酒」、もっとニュートラルに言うと「ローカル・サケ」となったのです。

そして、RTD

東麒麟が2018年にリリースした、RTD(Ready to Drink: チューハイのようにあけたらすぐに飲めるカクテルのような酒類)がこの AZUMA KIRIN SPARKLING。今回テイスティングしたのは ORIGINAL。日本酒のニュアンスを感じるのは簡単ではありませんが、以前のんだ司牡丹のカクテルや森國酒造カフェのすだち吟醸酒カクテルに感じられた、柑橘ピールに米の色白な香りが乗ったようなニュアンスがおなじように感じられました。

味と香りのバランスがよく、ビーチで飲みたくなるスパークリング・サケ

甘味と酸味のバランスがよく、ブラジルで飲まれる他の飲料にあるビビッドで強烈な甘味と比べるとおだやかです。ブラジルの代表的な柑橘、口にしない日はないライムの香りが酒の中に存在しました。果実・果汁・皮それぞれの香りが弁別できるほどバランスが取れています。

_s-BR2018-DSCF7108

ブラジルの軽食、コシーニャといわれるコロッケや、キビというアラブ系の揚げ物によく合いました。南半球特有の底抜けに明るい雰囲気が流れる海岸で、こういったスナック類をつまみながら飲みたいと思いました。

_s-BR2018-IMG_9877

テイスティングコメント

さわやかでビビッド、ブラジル的なテイスト

上立ち香はライム(limão)の香り。口に含むと、ガス感、ライム果実・ライムピールの香り、そして砂糖の甘味。甘味と酸味が主体、だが酸味はそんなに強くない。香りから連想するほど強くない。ライムの香りがビビッドで、さわやか。とてもブラジル的だ。スイスイ飲み進められる。氷入れてもいいかも。残り香にライム・ライムピール・ほのかに日本酒特有の乳酸系の香り。

日本酒のニュアンスはほとんど感じれないが、開栓時にも日本酒特有の乳酸系の香りがした。アルコール度数は7%だが、かなり強く感じる。

揚げ物や塩味の焼き肉に合わせたい

ブラジルの軽食(コシーニャやキビのようなスナック的な揚げ物)や塩味のみで固く焼いた牛肉似合う。これら揚げ物やシンプルな味付けの肉料理では、酒の酸味と柑橘の香りが料理を引き立てる。

ブラジル料理。特に焼き物や揚げ物には必ずライムを搾って酸味と香りをつけるので、それに合わせるように、衝突しないように、酒の酸味を控えめにしたのかもしれない。食べ物に十分な芯がある食文化なので、そのための場所をあけておくというペアリングの哲学に根ざした酒質設計なのかもしれない。

(テイスティング日: 2018年11月15日)

ラベル情報

  • 東麒麟 スパークリング オリジナル AZUMA KIRIN SPARKLING ORIGINAL
  • 〈醸造元〉 AZUMA KIRIN(カンピーナス市(ブラジル連邦共和国サンパウロ州))
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 -
  • 〈精米歩合〉 -%
  • 〈特定名称/種別〉 炭酸入り混成酒 (Bebida Alcoólica Mista Gaseificada)
  • 〈アルコール度数〉 7度
  • 〈原材料〉 炭酸水、清酒、エチルアルコール、液体グルコース、砂糖、酸味料(クエン酸)、香料(天然果実香料)、乳化剤(アラビアガム)、保存料(安息香酸ナトリウム)(Água gaseificada, Saquê, Álcool Etílico, Glicose Líquida, Açúcar, Acidulante: Ácido Cítrico, Aromatizante: Aroma Natural de Frutas, Emulsificante: Goma Arábica e Conservador: Benzoato de Sódio)
  • 〈製造年月〉 -
  • 〈その他情報〉 製造 HGR Beverages、販売 AZUMA KIRIN。賞味期限 2019-01-02

_s-BR2018-DSCF7110


  1. 2015年に指定された酒類の地理的表示(GI)で、日本国外で生産したものは「日本酒」と名乗れなくなったが、ここでは便宜的に「清酒」ではなく「日本酒」という表現を使います。(参考)酒類の地理的表示一覧|国税庁検索 ↩︎