/ 日本酒テイスティングノート

純米原酒 琵琶のささ浪|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

埼玉県の麻原酒造のお酒。「琵琶のささ浪」との銘柄名から、滋賀県の琵琶湖を思い浮かべるでしょう。そう、麻原酒造は滋賀県の方がはじめた酒蔵です。北関東では近江商人が開いた酒蔵が多く存在します[1]

故郷の近江・琵琶湖への想いが感じられるラベルです。

華奢で素朴、米を感じるお酒です

上立ち香は、メロン、ユリ、ほのかに青りんごの香り。

粉砂糖のような甘味、酸味の刺激はやや荒め。きゅっとくる収斂感。アプリコット、白玉粉、オレンジピール、ローズマリーの香り。ほのかに炊いた米、干し草の香り。煎茶のような苦味で切れる。

余韻はやや長め。柑橘のピール感とアプリコットの香り。

(テイスティング日: 2018年2月4日)

ラベル情報

商品名純米原酒 琵琶のささ浪
醸造元麻原酒造(埼玉県入間郡毛呂山町)
特定名称
原材料米(国産)、米こうじ(国産米)
醸造年度-BY
原料米-
精米歩合70%
酵母-
アルコール度数18度
日本酒度+5
酸度1.7
アミノ酸度1.0
製造年月2017-12
杜氏-
その他情報蔵出し年月 2018年1月
商品ページ-

960_DSCF6042


  1. 青木隆浩「近世・近代における埼玉県清酒業の形成過程」、経済地理学年報 / 43 巻 (1997) 2 号。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaeg/43/2/43_KJ00003729476/_article/-char/ja ↩︎