/ 日本酒テイスティングノート

竹生嶋「花嵐」 純米大吟醸 あらばしり生原酒|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

竹生嶋」を醸す滋賀県の吉田酒造。その中で地元マキノ町産の酒米・山田錦だけを使っているのが「花嵐」である。

フルーティーな香りの中に米の味を感じる大吟醸酒

リンゴやみかんのフルーティーな香りがやや強く、その中に米由来のミルク飴のような香り。口当たりはややとろりとしており、生原酒らしいやや濃醇なアタック。甘味はやや控えめ、酸味と苦味がしっかりしていて、旨味もそこそこ。余韻は中程度で少し甘味・うま味が残るが、じわりとした酸味の残響が心地よい。

単独で楽しむほか、鮒寿司などの発酵食品、淡白な料理と合わせたい

フルーティーな香りとアタックの強さを活かし、単独でも楽しみめるお酒。もちろん料理と合わせて飲むのもよい。濃醇な味わいは鮒寿司やフレッシュタイプのチーズに合う。また、開栓してすぐは柑橘の香りのニュアンスを活かして、揚げ出し豆腐や冷奴、オイルドレッシングのサラダにも合わせたい。

地域限定の食材だが、自家製の「にしんずし」(ニシンと大根を麹で漬けた漬け物)との相性も良かった。

にしんずしと日本酒

(テイスティング日: 2016年6月4日)

【追記】思わず唸る生熟成、60度の燗が秀逸

2017年冬に上槽した花嵐(瓶詰め2017年3月)を冷蔵庫で2年弱熟成させたものをテイスティング。驚きのおいしさにほっぺが何度も落ちた。

しっかりとしたアタック、まだまだジューシー。米のニュアンスがしっかり。透明感のある酸味。マキノの風土が詰まった酒。香りは米を感じさせるカシューナッツや杏仁の香りに、生熟成特有の根菜の香り。この根菜の香りが全体的な爽やかさの影響でおろしたての生わさびや、辛味大根の香りとなって出現している。飲み頃と言えるかもしれない。

40度に温めてみた。しっかりした味わいに杏仁やカシューナッツの米由来の香り。切れはよく余韻が長い。穀物を感じる後口である。

さらに60度から65度位にあたためてみた。温かい。温度だけでなく酒の個性が心も体もあたたまる。カーっと上がってくる酒の個性。辛味大根おろしの香り。この温度帯が一番うまい! 最高!

(テイスティング日: 2019年1月16日)

ラベル情報

  • 商品名: 花嵐 純米大吟醸 あらばしり・生原酒
  • 醸造元: 吉田酒造(滋賀県高島市)
  • 醸造年度: 2015BY
  • 原料米: マキノ町産山田錦100%(栽培農家: 吉原紘二さん)
  • 精米歩合: 50%
  • 酵母: 1401
  • アルコール度数: 18-19
  • 日本酒度: +5
  • 酸度: 2.0
  • アミノ酸度: 1.0
  • 瓶詰め: 2016年2月
  • 杜氏: 西尾幸弘(能登杜氏)
  • その他情報: 2016年2月6日上槽

竹生嶋・花嵐 裏ラベル

関連情報: 花嵐を醸す酒米クラウドファンディング

日本酒コンシェルジュ通信では、「竹生嶋・花嵐」を醸す吉田酒造の「酒米クラウドファンディング」を応援しています。

(※ おかげさまでプロジェクトは目標を達成し終了しました。)