/ 日本酒テイスティングノート

長寿金龜「白80」木槽袋しぼり|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

(テイスティング日: 2017年9月15日)

京都のサードウェーブ立ち飲み屋「柳小路TAKA」。読者の方にお誘いいただいての初訪問です。

柳小路TAKA

👉 京都 柳小路 TAKA

「さっそく日本酒を」と、メニューを見ると銘柄名はなく精米歩合だけの表示!

金亀飲み比べメニュー

なんと日本酒のラインナップは滋賀県の岡村本家の「金亀」のみ、精米歩合違いで7種! 40%から100%(玄米)までの取り揃えです。このこだわりは熱い。マスターは金亀が大好きだそうです。

金亀精米歩合違い

スタンダードな精米歩合80%をテイスティング

7種のうち、一番バランスが取れているとおすすめの80%精米、長寿金龜「白80」をいただきました。

長寿金龜「白80」木槽袋しぼり

10度で

1杯目は10度くらいの温度で。

柔らかな口当たり、飴のような甘味の第一印象。その後強い酸味が広がります。切れた後は酸味と苦味が残り、紅茶のようなフレーバーが余韻に。

香りは米飴、干し草、玄米など米由来の香りが主体です。

金亀 仕込み水

一旦和らぎ水で休憩。もちろん金亀の仕込み水です。

ぬる燗(35度前後)で

2杯目は35度前後の温燗で。

米の香りが上がります。サラリとしたテクスチャ。粉砂糖のような甘味、ふわりとした切れ方。後味に酸味。余韻に米飴の香り。

ぬる燗でも冷酒でも楽しめますが、やはり温めたほうが良さを引き出すお酒です。

こんなアテと合わせました

このお店のアテは秀逸。リピしたくなるおいしさです。

辛子明太子と大葉の天ぷら

彩り美しい辛子明太子と大葉の天ぷらと合わせました。酒が辛味も含めてすべての味を包み込み、よく合いました。

このほか、鳥のレバー(塩と胡麻油の味付け)とも、鶏レバーの濃厚な味わいと酒のボディー感があったほか、胡麻油の香りと酒の後味がよく合いました。

うにみそ

こちらは、小さな亀の器(金亀専門店だから?)に入ったうに味噌。こちらは酒の中の米の香りを引き立てました。うに味噌のような味の濃い、コクの有るアテにも負けないボディー感のある長寿金龜「白80」でした。

ラベル情報

  • 商品名: 長寿金龜「白80」木槽袋しぼり
  • 醸造元: 岡村本家(滋賀県犬上郡豊郷町)
  • 原材料: 米(国産)、米麹(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 国産近江米100%
  • 精米歩合: 80%
  • 酵母: -
  • アルコール度数: 14-15度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 29-8
  • 杜氏: -
  • その他情報: 仕込み水: 鈴鹿山系の伏流水
  • 商品ページ: -

長寿金龜「白80」木槽袋しぼり