/ 日本酒テイスティングノート

常温熟成と上原酒造 クレオパトラのわすれもの|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

(これは2015年8月27日の記憶をたどりながら書いた記事です)

うだるような暑さの続く夏の京都。大好きな日本酒バー「よらむ」にやって来ました。2度めの訪問です。香川からのお客さんとご一緒でした。

よらむ自家熟成の日本酒が楽しめるお店。店主のよらむさん自ら、常温で熟成させているそうです。5年熟成させたものが多いとのこと。

常温で熟成する

甘味や旨味のしっかりしているお酒が熟成に適しているとのこと。でもどのように熟成されるかはやってみないとわからない。

「これはいけるのでは」と思って熟成させても全然ダメだったり、逆に「これは熟成に向かないかもね」と思ったものが化けていることもあるのだそうです。

3年間熟成させて開栓してみて「これは失敗かも」となっても、更に2年熟成させたらおいしくなっていた、ということもあるそうです。

5年という長いスパン、いいものになるかどうかわからない、でも熟成させる。ロマンを感じました。かっこいい!真似したい!

盆栽を熱く語るおじいさんに触発され、「もう始めなくては間に合わない」と盆栽屋さんに直行するような感じです。

純米大吟醸 クレオパトラのわすれもの テイスティングノート

滋賀県高島市にある上原酒造の「クレオパトラのわすれもの」。フェミニンでスタイリッシュなラベルから想像できる通りの、低アルコールで爽やかな日本酒。夏の暑い日に冷やして飲みたいお酒です。

クレオパトラのわすれもの

さて、肝心のテイスティング。バーカウンターで話しながらなので、きちんとしたテイスティングノートはありませんが。

アルコール度数は9〜10度。精米歩合は50%。

口当たりはやわらかなテクスチャ。でも、熟成前は爽やかフレッシュだったかもしれません。

柑橘系の香りが主体で、残り香にほのかな梨の香り。キュッと締まる渋味で切れのよい後味。

瓶詰めが平成25年となっているので2年ほどの自家熟成です。