/ 日本酒コンシェルジュの本棚

【書評】酒場はここだ。Dancyu 2017年7月号

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

表紙に半野外で飲んでいる人々、緑、そしてどっしりと「酒場はここだ。」の文字。思わずポチりました、今月号のDancyu。

2年前の酒場特集のタイトルは「酒場はどこだ?」でした。同じように半野外でお酒を楽しむ人々の姿が表紙。それに呼応して、今月号の「酒場はここだ。

Dancyu酒場特集

グッと来たのは、酒場の記事がエッセイだったこと。レビューでも酒場の紹介でもなく、書く人のエモーショナルがにじみ出るエッセイ。

とくに好きだったのは、

  • 「レボリューションブックス」京都・西木屋町(中井シノブ)
  • 「難波屋」大阪・今池(豊田道倫)
  • 「大黒屋」東京・武蔵小金井(牧野伊三夫)

そして、2000年代はじめに愛読していた「酒とつまみ」の大竹聡さんのエッセイ「ピースフル デイズ」。

ちょっと離れた席で会話を聞いているような、とにかく楽しい雰囲気がふわりと漂う、太田和彦さんと佐藤卓さん対談「いい酒場」。

「時間にしかつくれないもの」という言葉が心に残りました。

編集後記は「甲子園球場は素晴らしい酒場でした」という編集長のコメントで締められています。

マストバイ、保存版の一冊です。