/ 日本酒テイスティングノート

英勲 特別純米原酒 ねこラベル|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

京都・伏見の英勲「ねこラベル」である。このラベルに出会ったのは今から7年前の秋、日本酒に恋し始めて数週間くらいのことだった。主に京都の日本酒専門店「んまい」のカウンターで味わったが、今回はKitchen Chikaさんと一緒にやっている料理と日本酒を合わえせるイベントAwaseruのために、東京まで連れてきたのだ。

お客さんの反応はよく、他の酒と同様、おかわりコールをいただいた。

常温で

常温、20度位でテイスティングする。しっかりした味わいで存在感のある酒である。まろやかで力強いがきれいさがあって、バランスがよい。

とろりとしたテクスチャ、甘味、酸味がしっかり。リンゴ果汁の香りに柑橘のニュアンス。オレンジや金柑の香り。そして苦味とともにオレンジピールのニュアンス。そのから白い米、白玉粉の香りが覗く。

きれいに切れる。余韻は長く、オレンジの香り。可愛らしさと力強さが共存している。

七輪で炙っためざしに合わせると、酒が蜜のように強い旨味と塩味を包み込む。そして、金柑の入ったサラダと柑橘ニュアンスが同調してよく合った。

温めて

45度位に温める。蜂蜜の香り、かりんの香り。酸味が目立ち、はちみつレモンのような印象。喉によさそう。軽やかでツルンと入る、すっと入る。飲みやすくなる。ラベルの猫のように横になってチル・アウトしたくなる。

60度に温めてみると、ミルキーさが出てくる。ツルリまろやかである。温めるならこの温度帯がおすすめ。

七輪で炭火燗

冷やして

これ、キンキンに冷やしたらどうなるだろう? 早速5度位に冷やしてみる。シロップの印象。とろりと口に入り、酸味が広がる。洋梨の香り。

あー、これは単独でおいしい。そして脂の乗ったブリの刺身や、蒸焼きした白身魚(塩味)に合わせたい。

日本酒イベントAwaseruにて。

(テイスティング日: 2018年12月12日)

ラベル情報

商品名英勲 特別純米原酒 ねこラベル
醸造元齊藤酒造(京都府京都市伏見区)
特定名称・種別特別純米酒
原材料米(国産)、米こうじ(国産米)
酒造年度-BY
原料米五百万石等
精米歩合60%
酵母-
仕込み水-
アルコール度数16-17度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2017-06
杜氏-
その他情報-
商品ページ-

英勲 特別純米原酒 ねこラベル