/ 日本酒テイスティングノート

EMISHIKI「恋をするたびに… 第4話 別れの予感」日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

笑四季酒造の「恋をするたびに…」シリーズ。第4話まで来ました。

これまでのあらすじ

👉 第2話「とどかぬ想い」

👉 第3話「逢い引きの夜に」

余韻が心地よい

アタックは強いが、口当たりはやわらか。すだちのような控えめな柑橘の香り、水飴の香り。粉砂糖のような甘味がしっかり、酸味は穏やか。

余韻は心地よい。アルコール感がじわりと舌に残るのがきもちいい。やや旨味が残り、やや収斂感が感じられる。

なぜ、「別れの予感」なのか

第3話「逢い引きの夜に」の儚さを感じさせる味わいとはうって変わって、新しい恋の予感さえも感じる爽やかな香りと余韻。

新たなときめきに、熟した恋が色あせて見えてしまう。女性からは恋の風景はこのように見えるのに違いない。

EMISHIKI「恋をするたびに… 第4話 別れの予感」

ラベル情報

  • 商品名: EMISHIKI 恋をするたびに… 第4話 別れの予感 笑四季純米吟醸生
  • 醸造元: 笑四季酒造(滋賀県甲賀市)
  • 原材料: 米、米こうじ
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 滋賀県産玉栄(全量)
  • 精米歩合: 50%
  • 酵母: 京都市産業技術研究所所蔵株
  • アルコール度数: 16度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 2017-03-23
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ: -

EMISHIKI「恋をするたびに… 第4話 別れの予感」


別れの予感 テレサ・テン

「別れの予感」テレサ・テン


「EMISHIKI 恋をするたびにシリーズ」のテイスティングノート