/ 日本酒テイスティングノート

富成喜(ふなき)純米吟醸「限定二百貫」|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

常温と燗酒でいただきました。燗上がりする酒で、特徴的な味わいが徐々に変化していく様を楽しみました。

常温

やわらかでややシルキーなテクスチャー。やさしい甘味はやや蜜の感じ。丸い甘味で熟成感を感じる。酸味、苦味が強くやや渋味。キレが良く、旨味が残る。すだちの香りが余韻に。

55度の燗酒

ふわっとした口当たりだが、骨格を感じ、苦味でよく切れる。燗上がりする酒。途中、酸味が広がり、その後酸味と苦味が渾然一体としながら苦味が重くなる。コハク酸っぽい旨味が強く。余韻は炊いた米の香り。

「やしろ」のマスターによる燗がこの酒のポテンシャルを活かしきったのだと思います。燗酒が上手い酒場が飲酒文化を技術で支えていると感じました。

やしろの突き出し

(テイスティング日: 2017年11月11日)

ラベル情報

商品名富成喜(ふなき)純米吟醸「限定二百貫」
醸造元舟木酒造(福井県福井市)
特定名称純米吟醸酒
原材料米(国産)、米こうじ(国産米)
醸造年度-BY
原料米神力米100%
精米歩合60%
酵母蔵内保存酵母
アルコール度数15度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2017-05
杜氏-
その他情報日本酒度: +3.5〜+4.5、酸度1.5〜1.6
商品ページ-

960_DSCF3347