/ 酒米

秋田酒こまち〈酒米の系譜〉

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

「秋田酒こまち」は秋田県を代表する酒米。全国ランキングでも5位の生産量を誇ります(平成27年農林水産省農産物検査ベース)。

【追記 2017-09-25】平成28年度は全国4位[1]になりました。検査数量(≒生産高)は平成27年度の2,408トンから2,672トンに増加しています。

秋田県で吟の精、秋の精、美郷錦につづき、2001年に育成された新しい酒米です。高精白が可能で、吟醸、大吟醸に向くとされています。

雪の茅舎や阿櫻、新政など秋田県の多くの酒蔵で使われています。秋田県外での利用もあります。

👉 秋田酒こまちを使った日本酒のテイスティングノートなど

その秋田酒こまちの先祖をたどってみました。

著名な酒米の山田錦五百万石だけでなく、亀の尾が祖先に見えてくるとグッと来るものがあります。

関連記事

参考資料


  1. 平成28年産米の農産物検査結果(速報値) (平成29年3月31日現在) ↩︎