/ 日本酒テイスティングノート

GO-SHU 豪酒 純米|世界のSakéテイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

オーストラリアで醸されるSaké

オーストラリアで「豪酒」(Go-shu)を醸すサン・マサムネ社は、1996年に伊丹の小西酒造などの日本企業とオーストラリア企業の合弁企業として設立されました[1]。背景には、オーストラリアでの清酒の需要と、1905年に移民した愛媛県松山市の篤農家、高須賀穣が始めた稲作があります[2]。現在では、ジャポニカ米の中粒種が生産量の8割を占めています。

米を感じる酒

米のニュアンスを感じる酒です。冷やすと、ややシャープな印象。ミルク飴やカッテージチーズなど米や乳酸菌由来の香りと、ゆりのようなフローラルな香りが楽しめます。温めると、やわらかさと米のニュアンスが上がり、余韻も長くなります。温めて飲むのをおすすめします。

2019年4月13日に大阪で開催された Sake World Cup にて。

テイスティングコメント

ちょっと冷やした、12〜3度の温度帯で。ややシャープな印象。米の甘味、ミルク飴やカッテージチーズの香り。ゆりのフローラルな香り。やや、熟成を感じる蜂蜜の香り。丸くて少しミルキーな印象。余韻に酸味が心地よい。

50度くらいの燗酒。やわらかく、蜜のニュアンス。温めるとよくなる。香りが出てくる。アプリコットの香り。その奥に白玉粉の香りなど、白い米のニュアンスがある。余韻はやや長い。

(テイスティング日: 2019年4月13日)

ラベル情報

  • GO-SHU 豪酒 純米
  • 〈醸造元〉 Sun Masamune Pty Ltd(ペンリス(オーストラリア))
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 -
  • 〈精米歩合〉 -%
  • 〈特定名称/種別〉 -
  • 〈アルコール度数〉 15度
  • 〈原材料〉 -
  • 〈製造年月〉 -
  • 〈その他情報〉 Kosher rated

_s-sakeworldcup-DSCF0667


  1. サン マサムネ社 オーストラリアで初の清酒製造工場を開設 ↩︎

  2. 生産の歴史 Australian Rice ↩︎