/ 日本酒テイスティングノート

日の丸 生酛純米大吟醸 Hinomaru Kimoto Junmai Daiginjo “30 Grains”|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

秋田県横手市にある日の丸醸造が醸す純米大吟醸酒。復活米「日の丸」が使われています。「日の丸」は大正末期から昭和初期にかけて秋田県で栽培されていましたが、一旦断絶した品種です。日の丸醸造が、宮城県の農業試験場に保存されていた30粒の種籾から復活させました。商品名 “30 grains”(30粒)の由来です。

口にした瞬間、「あ、おいしい」と感じました。好きなタイプの酒です。酸味と甘味のバランスがよく、落ち着いた香りと上品な熟成のニュアンス。どんな料理にも合わせやすいですが、酸味を生かして積極的に料理と組み合わせていきたいですね。ラベルには「冷やして飲むのがおすすめ」とありますが、燗にしても楽しめました。いい感じに膨らみました。

日の丸 生酛純米大吟醸 “30 Grains” と お通し

こちらは和酒美ずきのお通し。まず、シシャモのマリネと合わせました。酒が魚のうま味や焦げ目の香ばしさ、卵の豊かな風味などいろいろな味をまとめて包み込みました。写真にはありませんが、肉じゃがと合わせると、酒の酸味が強調され、料理と酒の全体が引き締まりました。

京都の日本酒バー「和酒 美ずき」にて。

テイスティングコメント

爽やかな酸味。そしてやや丸い、熟成を感じさせる甘味。同時に、グラニュー糖のようなキラキラとした感じ。メロン・アプリコットの香り。ほのかにカシューナッツ・柑橘果汁・和梨の香り。余韻はやや長く、アプリコットの香りが待っていてくれる。

52度の燗酒では、寒い日に温かいお風呂に入ったような気分に。酒の蜜っぽさとジューシー感が上がり、膨らむ。もっと温度上げてもいいかなと思った。

(テイスティング日: 2019年4月13日)

ラベル情報

  • 日の丸 生酛純米大吟醸 “30 Grains”
  • 〈醸造元〉 日の丸醸造(秋田県横手市)
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 山田錦、日の丸
  • 〈精米歩合〉 50%
  • 〈特定名称/種別〉 純米大吟醸酒
  • 〈アルコール度数〉 15.1-17度
  • 〈原材料〉 -
  • 〈日本酒度〉 +6.5
  • 〈酸度〉 1.8
  • 〈製造年月〉 -

日の丸 生酛純米大吟醸 “30 Grains” 裏ラベル