/ 酒米の系譜

北陸12号〈酒米の系譜・石川県〉

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

「北陸12号」は奥羽2号と万石の交配でうまれた酒米(酒造好適米)です。新潟県農事試験場上越試験地で1926年に育成され、1935年に命名されました。交配によって生まれた酒米の中ではかなり初期のものになります。大粒で心白の発現がよいのが特徴です。

祖先には酒造りでよく使われる亀の尾。また、たかね錦の母親、美山錦の祖母でもあります。

あまり栽培されなくなってきている北陸12号

平成28年度の検査数量ベース(ほぼ生産高とみてよい)では新潟県75トン、石川県16トン、合計91トンでした。山田錦が3万7千トンであることを考えると、とても少ない数です。

2003年には213トン(新潟県88トン、石川県125トン)だったのが、ほぼ半減しています。石川県の作付け規模は1970年代はじめに100ha以上だったのが、その後激減し、約40haで安定生産されています。

使っている酒蔵はとても少ない

新潟県魚沼市の緑川酒造と石川県白山市の小堀酒造店(萬歳楽)が北陸12号を醸造に使っています。

2017年9月に訪問の際、説明いただいた小堀酒造店の方によると、北陸12号で造る酒は味のばらつきが大きく、土っぽい独特の香味があることで好みが分かれるとのことです。栽培が難しいことに加え、この特性があまり使われなくなった理由だと思われます。

北陸12合を使ったお酒に、萬歳楽「甚」があります。

北陸12号

小堀酒造店「森の吟醸蔵白山」にて

参考資料