/ 日本酒テイスティングノート

本洲一 無濾過 純米酒|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

パリの日本家庭料理レストランTaekoにて。

ダイナミックでバランスがよい酒

上立ち香はメロンやバナナ。とろりとした丸い口当たり。細い苦味、香りはメロン、バナナ、白玉粉、ザラメ。上白糖のような甘味とやや収斂味。余韻はアルコールの刺激と酸味、白玉粉の香り。ツンデレではなくデレツンな酒。前半はやさしく、後半はしゃきっとくる。

八丁味噌など、うま味が濃縮されたヘビーな味わい。また、合わせだしで味付けした料理にあう。

(テイスティング日: 2018年2月23日)

ラベル情報

商品名本洲一 無濾過 純米酒
醸造元梅田酒造場(広島県広島市安芸区)
特定名称・種別純米酒
原材料米(国産)、米麹(国産米)
酒造年度-BY
原料米千本錦(広島産)
精米歩合65%
酵母-
仕込み水-
アルコール度数16-17度
日本酒度+4
酸度1.4
アミノ酸度-
製造年月2017-10
杜氏-
その他情報麹歩合22%
商品ページ-

本洲一 無濾過 純米酒