/ 日本酒テイスティングノート

加古屋(かこや)純米 −5℃熟成生|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

老ね香のない熟成感を感じる、多酸、低アルコール酒のような印象です。アルコール度数は17度ありますが。

とろりとした透明感のあるテクスチャーは上品です。甘味は蜜のよう。酸味はリンゴ酸の爽やかな酸味。言い換えると、爽やかで細い酸味と丸い蜜のような甘味。

香りは、メープルシロップ、ザラメ、飴、柑橘のピール、ややミルク感。

その後、強い酸味は口の中を広がり、キラキラとしt甘味の余韻に酔いしれます。酸味→甘味→酸味がジワリという流れ。

余韻は上品なザラメ、柑橘ピール、オレンジの砂糖漬け、ほのかに炊いた米の香りです。

加古屋(かこや)純米 −5℃熟成生

鴨の生ハムと合わせました。酒の柑橘感が鴨の味わいを引き上げます。酒の丸い甘味と鴨の脂身の味わいが調和します。

鴨の生ハム

チーズ豆腐とは、合う! チーズの旨味と豆腐の豆腐のエッジをガラスで包み込むような感じに酒が包容します。

チーズ豆腐

神戸・元町のサードウェーブ立ち飲み屋、酒商熊澤にて。

(テイスティング日: 2017年12月5日)

ラベル情報

商品名加古屋(かこや)純米 −5℃熟成生
醸造元此の友酒造(兵庫県朝来市)
特定名称純米酒
原材料米(兵庫県産)、米麹(兵庫県産米)
醸造年度-BY
原料米-
精米歩合70%
酵母-
アルコール度数17度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月29-10
杜氏勝原誠(但馬杜氏)
その他情報蔵内の天然湧水使用(やや軟水)、限定流通品
商品ページ-

加古屋(かこや)純米 −5℃熟成生 裏ラベル