/ 日本酒テイスティングノート

黒龍 純吟|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

グルメ師匠の和三盆さんに連れられて、高松に先月にオープンしたばかりの「茶飯」にてちょい呑み。女将はお茶とご飯のお店がしたくて開いたとのこと。日替わりで色々な米を楽しめる、米好きにはたまらないお店。福井県の新しい品種「いちほまれ」も取扱いがあり、心がざわついた。今年、いちほまれの妹分で酒米の「さかほまれ」もリリースされたこともあり、出会いを感じた。

高松 茶飯 外観

店内は2010年代らしい割烹的カフェ的なインテリア。清潔感とキッチリ感が感じられる。薬缶や器のセレクションにセンスを感じる。

とても上品で曲線の美しい酒

頼んだお酒は米つながりで福井県の酒「黒龍 純吟」。温度帯は10度位。やさしく軽やかに入り、しっかりと味が広がり、きゅっと切れる、美しいお酒。とても上品で透明感のある曲線の美しい酒、でも主張しすぎない、控えめな性格。

おちついたフルーティーな香り。杏、メロン、白玉粉、柑橘ピール。そしてその奥に米の甘さを連想させるような、ライトで甘さ控えめのミルク飴の香り。アルコールの刺激が舌にピリピリ。苦味でよく切れて、余韻は長い。

酒器

卵焼きに合わせる

卵焼きに合わせる。卵焼きのうま味と塩味が酒のミルキーな香りと米の甘味を引き出した。こういう料理によく合う酒だ。

高松 茶飯の卵焼き

このあと玄米おにぎりをいただいた。香り高さとおいしさに満足。次回は米と燗酒を合わせて楽しみたい。

玄米おにぎり

(テイスティング日: 2018年12月13日)

ラベル情報

商品名黒龍 純吟
醸造元黒龍酒造(福井県吉田郡永平寺町)
特定名称・種別純米吟醸酒
原材料米(国産)、米麹(国産米)
酒造年度-BY
原料米福井県産五百万石100%
精米歩合55%
酵母-
仕込み水-
アルコール度数15度
日本酒度++4.0
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2018-11
杜氏澤田裕規
その他情報-
商品ページhttp://www.kokuryu.co.jp/brew/kokuryu/jungin.html

黒龍 純吟 裏ラベル