/ 日本酒テイスティングノート

米宗(こめそう) 生酛 夢吟香 完全発酵 純米酒 |日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

日本酒の銘店「若水」。近所にあり気にはなっていたが、なかなか訪問できなかった。この日、ひょんなことから願いが叶うこととなった。日本酒愛にあふれるご主人のお話を聞き、おすすめのお酒を飲む、そんな楽しい時間を過ごしたのであった。

この日は自家熟成みりんでスタート。

そのあと、おすすめいただいたのが、この「米宗 完全発酵 夢吟香」。酒米「夢吟香」は吟醸酒に向けに開発された品種で、若水をベンチマークとし、より栽培しやすく、より精白できることを目指して作られた[1]。若水と山田錦を交配したもの。そう、お店の名前にも関わっているのだ。そして、その夢吟香を吟醸酒ではなく生酛純米に醸したこの酒。ワクワクする。

シャープでボールド、温めるとバランスが最高に

完全醗酵である。まずは常温で。

尖っている。シャープに入り、ボールドに進む。しっかりした味わい。酸味がすごく強い。それだけでなく特徴的だ。フルボディーで苦味はしっかり。少しビニールのような印象の透明感がある。香りは米飴、柑橘ピール、アーモンド、ザラメ。穀物を感じる複雑で豊かな香りだ。少し熟成感もある。苦味は正露丸のようなアルコールのような、そんな印象。そして収斂味がある。果物や野菜の渋み。余韻は長い。酸味と苦味、渋み。カシューナッツの香り。そしてアルコールの刺激。

これは温めたい。燗を頼んだ。温度はお任せである。

50度位の温度帯でサーブしていただいた。断然いい! 酸味がしっかり、野菜の香り。うーん、バランスがよい。軽やかで飲み続けられる。穀物と野菜の茎の香り。

常温だと秋、燗だと春を感じる。心に染み渡る酒だった。

野菜のニュアンスを活かしてうまみたっぷりの野菜スープに、温度帯を合わせてペアリングしたい。穀物やナッツの香りを活かし、ナッツやチョコレートにも。

(テイスティング日: 2018年12月4日)

ラベル情報

商品名米宗(こめそう) 生酛 夢吟香 完全発酵 純米酒
醸造元青木酒造(愛知県愛西市)
特定名称・種別純米酒
原材料米(国産)、米こうじ(国産米)
酒造年度-BY
原料米愛知県産夢吟香
精米歩合70%
酵母-
仕込み水-
アルコール度数19度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月30-06
杜氏-
その他情報-
商品ページ-

  1. 加藤満(農業総合試験場作物研究部作物研究室). 新しい酒米品種「夢吟香」の特性. ~高度精白が可能な吟醸酒に向く酒米。ふくよかで、香り豊かな酒ができる~ ↩︎