/ イベントレポート

梅乃宿の和リキュールを飲み比べ|FRUIT SAKE Party

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

和リキュールでシュガーハイ&ほろ酔いを楽しんだFRUIT Sake Partyで試飲した梅乃宿酒造の和リキュールをご紹介します。

👉 和リキュールのおいしさに胸キュン! Fruit Sake Party イベントレポート

梅乃宿ブース

梅乃宿酒造のリキュールは全国トップクラスのクオリティーだと言われています。10年ほど前、日本酒蔵がリキュールを造ることがあまり評価されていなかった時代に始めたパイオニアです。新しいことにどんどん挑戦する酒蔵として知られています。

梅乃宿 ゆず

ゆず

柚子のリキュールは軽やかな味わいでした。ロックで飲むとよりおいしく楽しめるとのこと。複数の産地のゆず果汁をブレンドして使っているこだわりのお酒だそうです。

ゆず ラベル

「あらごし」シリーズ

果実感のあふれる「あらごし」シリーズのラインナップが充実していました。

あらごしシリーズ3本

あらごし 梅酒

あらごし梅酒

「あらごし 梅酒」は酸味が強くて上品な印象。キレが良く、余韻の香りが高く、酸味が心地よく残ります。

あらごし梅酒 ラベル

あらごし もも

あらごしもも

「あらごし もも」はフルーツ感をとくに感じました。キレが良く、あとに残る味がありません。不思議な感じでした。

あらごしもも ラベル

あらごし りんご

「あらごし りんご」はアップルパイの味。爽やかな酸味。紅玉など酸味が強い小さな林檎の印象。味わいはしっかりしています。ホットにしてシナモンを入れるのもいいですよ、と蔵の方がおすすめしてくださいました。

あらごしりんご ラベル

あらごし みかん

あらごしみかん ラベル

「あらごし みかん」は、ちょっとびっくりするほどのコクがあります。みかんジュースをダイナミックにした感じです。果肉のつぶつぶ感が良かったです。

梅乃宿酒造では日本のみかんの1000個に1個はリキュールにして使っているそうです。ちなみに一升瓶あたり33個のみかんを使っているとのこと。

あらごしミカン、カップで

Frutas シリーズ

こちらは外国のフルーツを使ったリキュール「Frutas」シリーズ。げ内イタリア産のブラッドオレンジとインド産のマンゴーを使ったものがラインナップにあります。

frutasシリーズ

ブラッドオレンジはスッキリとした酸味でのどごしがセクシーでした。マンゴーはとろりとした口当たり、トロピカルな酸味。両方ともあらごしシリーズと同様、果物の良さを活かしていると感じました。

参考資料

FRUIT Sake Party の記事一覧