/ 日本酒テイスティングノート

まんさくの花 MK-X, MK-Y, MK-Z 2018 飲み比べ|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

毎年リリースされる「まんさくの花 MKシリーズ」。MKの意味は “Mansaku Koubo project”、裏ラベルにはこんな記述があります。

当社が通常していない酵母を使用し新たな味に挑戦する、社長と杜氏の隠し酒

X、Y、Zのシリーズ全3酒を飲み比べました。一つずつテイスティングノートを紹介します。

MK-X 柑橘果汁のような爽やかさ

まずはX酵母(自社酵母)を使ったMK-Xから。

酸味が爽やかで、甘味の果汁のよう。苦味が柑橘ピール。柑橘果汁の香り。余韻もまた柑橘ピールの香りで、じわじわと。アルコールがやや感じられるが、酸味の余韻は心地よい。

MK-Y 柔らかく透明な蜜のよう

次にMK-Y。蔵内から採取・培養した蔵付分離酵母を使っています。米はオリジナル米「日の丸」。一旦栽培が途絶えていたが30粒の種籾から復活した米です。

まろやかな口当たり。やわらかい。甘味が主体でやや透明感があり、みつのような印象。酸味と渋味が強く、余韻は長く、米の甘味と香りのニュアンス。白玉粉やカシューナッツの香り。

MK-Z 米の香りとうま味を感じる

MK-Zは「酸鮮やか」なZ酵母を使用。

柑橘ピールの香りとほのかに干草の香り。少しマットな蜜のニュアンス。余韻はほどほどの長さで、米の香りとほのかにうま味。

酢の物と合わせて酸味を調和させたり、酒の蜜の感じを際立たせたい。うま味も引き立つだろう。

京都・二条河原町「和酒美ずき」にて。

関連する記事

(テイスティング日: 2018年9月12日)

ラベル情報 まんさくの花 MK-X 2018

商品名まんさくの花 MK-X 2018
醸造元日の丸醸造(秋田県横手市)
特定名称・種別純米吟醸酒
原材料米(国産)、米麹(国産米)
酒造年度-BY
原料米雪の精74% 山田錦26%
精米歩合50%
酵母酵母X(自社)
仕込み水奥羽山脈栗駒山系伏流井戸水
アルコール度数16度
日本酒度+2.5
酸度1.8
アミノ酸度-
製造年月2018-08
杜氏-
その他情報純米吟醸一度火入れ原酒

_s-IMG_5439

ラベル情報 まんさくの花 MK-Y 2018

商品名まんさくの花 MK-Y 2018
醸造元日の丸醸造(秋田県横手市)
特定名称・種別純米吟醸酒
原材料米(国産)、米麹(国産米)
酒造年度-BY
原料米秋田県産 日の丸74% 兵庫県産 山田錦26%
精米歩合50%
酵母蔵付分離酵母
仕込み水奥羽山脈栗駒山系伏流井戸水
アルコール度数16度
日本酒度+4.5
酸度1.3
アミノ酸度-
製造年月2018-08
杜氏-
その他情報純米吟醸一度火入れ原酒

_s-IMG_5438

ラベル情報 まんさくの花 MK-Z 2018

商品名まんさくの花 MK-Z 2018
醸造元日の丸醸造(秋田県横手市)
特定名称・種別純米吟醸酒
原材料米(国産)、米麹(国産米)
酒造年度-BY
原料米美山錦74% 山田錦26%
精米歩合50%
酵母酵母Z(酸鮮やか)
仕込み水奥羽山脈栗駒山系伏流井戸水
アルコール度数16度
日本酒度+2.5
酸度1.4
アミノ酸度-
製造年月2018-08
杜氏-
その他情報純米吟醸一度火入れ原酒

_s-IMG_5437