/ 三千櫻酒造

三千櫻 純米 愛山 袋吊り 日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

今から2年前、Umio's Bar #1の当日にデパートの試飲会で出会った日本酒です。試飲して感動!そのままUmio's Barでお客さんにお出しして好評でした。

肩ラベルが垂直になっています。2014年2015年は斜め貼りでした。垂直のほうが美しい! でも貼るのが難しそうです。

私が好きな酒米「愛山」を使って、袋吊りで搾られたお酒です。

★ 関連記事: 肩ラベルで選ぼう、しぼりたての日本酒を! 「袋吊り」などの用語を解説しています

軽やかで上品で味もあるバランスの良い食中酒向けのお酒

冷蔵庫から出してすぐ、ISOテイスティンググラスでテイスティングしました。飲用温度は10度くらいです。

フルーティーな香りがやや強めです。リンゴの香りが主ですが、オレンジの香りも見え隠れしました。その奥に微かに白玉粉、カモミールの香り。

口当たりはやさしく、真っ白な米を思わせる雑味のない透明感のある甘味。華奢な印象だが、しっかりと口腔内を上がっていく酸味、強めの苦味でとても切れがよく、控えめな旨味が短く、上品に残ります。若干の渋味も。

含み香はリンゴより柑橘が中心です。

きれいな曲線を描くけど、どこか人の手が感じられる香りと味わいです。

三千櫻 純米 愛山 袋吊り

料理と合わせる、やっぱり和食と合う

三千櫻らしくなく香りが高いので、冷たいうちは単独で楽しむのが良いと思いました。しかし室温に近づいてくると、味にフォーカスが移り、料理に合わせたくなりました。

この日の夕飯、薄めの味付けのトンテキに合いました。お酒の酸味の強さのなせる技です。さつまいもとキノコと豚肉の具だくさん味噌汁が、きょうの料理の中でベストフィットしました。特に麦味噌の風味と合いました。冷奴とはあまり合いませんでした。でも、かなりオールマイティーに料理に合わせることができるお酒だと感じました。

トンテキ御膳

ラベル情報

  • 商品名: 三千櫻 純米 愛山 袋吊り
  • 醸造元: 三千櫻酒造(岐阜県中津川市)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 愛山100%
  • 精米歩合: 60%
  • 酵母: 1401
  • アルコール度数: 16
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 2016.11
  • 杜氏: 山田耕司
  • その他情報: -

三千櫻 純米 愛山 袋吊り