/ 日本酒テイスティングノート

奥能登の白菊 純米吟醸|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

45度程度の燗酒でいただきました。器は磁器の平盃。

口に含むと、やわらかく、やさしいテクスチャー。やさしい甘みとしっかりした酸味が広がる。炊いた米、粉砂糖、上新粉、すだちの香り。余韻には旨味が心地よく残ります。

全体的にふんわりと上品でシルキーな印象。和紙のラベルのテクスチャーから酒の味がイメージできます。

お造りはキハダ鮪と天然真鯛の昆布締め。昆布締めとの相性は抜群。酒が包み込む感じ。そして、酒の甘味、旨味が引き立ちます。旨味の相乗効果を感じる組み合わせでした。

キハダ鮪と天然真鯛の昆布締め

名古屋・地炉の間にて。

(テイスティング日: 2017年10月20日)

ラベル情報

  • 商品名: 奥能登の白菊 純米吟醸
  • 醸造元: 白藤酒造店(石川県輪島市)
  • 特定名称: 純米吟醸酒
  • 原材料: 米(国産)、米麹(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 山田錦36%、五百万石64%
  • 精米歩合: 55%
  • 酵母: K-10
  • アルコール度数: 16度
  • 日本酒度: -4
  • 酸度: 1.5
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 29-10
  • 杜氏: -
  • その他情報: 上品な甘さと香りの純米吟醸酒
  • 商品ページ: -

奥能登の白菊 純米吟醸