/ 日本酒テイスティングノート

Tsukasa Botan Motozake Junmai で日本酒カクテル|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

日本酒にトニックウオーターと炭酸水、オレンジピールを加えたカクテルです。

高松に新しくオープンしたサードウェーブ立ち飲み屋の冷蔵庫に見つけたのは、この横文字の日本酒たち。気になって尋ねるとカクテルベースとのこと。

960_DSCF8005

専用の炭酸水(左)と司牡丹の純米酒(右)を1:1で割ります。専用の炭酸水はトニックウオーターと炭酸水を配合したもの。あの日比谷Barの監修です。

960_DSCF8017

ラベル上部の丸いロゴマークは Motozake 認定のもの。日本酒+地のもの(この場合はオレンジ)でつくるカクテルベースに認められた呼称です。

👉 MOTOZAKE コンセプト

960_DSCF8021

しっかりとした炭酸感、軽やかな飲みくち。蜜柑の香り。苦味と酸味のバランスが良く、余韻は短めでみかんの香り、その奥に白玉粉の香り。

トニックウオーターが強すぎて、「日本酒をベースにする意味ないんでは?」と思いましたが、後味のほのかな米のニュアンスは上品で、このカクテルをデザインした方の意志とセンスを感じました。

960_DSCF8008

高松のサードウェーブ立ち飲み屋「澄酒 すきま」

私のグルメ師匠に誘われて立ち寄ったのが「澄酒 すきま」。オープンしたばかりのサードウエーブ日本酒立ち飲み屋です。

960_APC_0906-hdr

店主の澄代さん。お店の名前にある「澄」の字は店主の名前から取られたのです。そして「澄酒」は「清酒(すみざけ)」にも通じます。センスの感じられるネーミングです。

960_DSCF8010

冷蔵庫には川鶴の限定酒。コレクションしたいラベルです。

960_DSCF8004

そして、我らが京都のお酒、白木久を発見してちょっと舞い上がりました。京都のお酒がここでも飲まれているなんて、うれしいですね。

960_IMG_2651

(テイスティング日: 2018年3月20日)

ラベル情報

商品名Tsukasa Botan Motozake Junmai
醸造元司牡丹酒造(高知県高岡郡佐川町)
特定名称純米酒
原材料米(国産)、米こうじ(国産米)
醸造年度-BY
原料米-
精米歩合70%
酵母-
アルコール度数14-15度
日本酒度+9
酸度1.1
アミノ酸度1.1
製造年月2017-12
杜氏-
その他情報山廃純米酒を10%ブレンド
商品ページhttp://www.meimonshu.jp/modules/sakemap3/index.php?page=sakedetail&lid=432

960_DSCF8012