/ 日本酒ニュースまとめ

日本酒ニュースまとめ 2017-10-18〜10-23/2018年産酒造好適米の需要見通し

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

日本酒ニュースピックアップ

2018年産酒造好適米の需要見通しのニュース「今年産と同水準 2018年産酒造好適米 全体需要量見通し(全国農業新聞)」を掘り下げます。

農水省が10月6日、2018年産酒米の需要が2017年産とほぼ同水準の95,000〜97,000トン程度との見通しを発表してます。

【平成30年酒造好適米の需給状況】
・ 平成30年産需要量は、平成29年産とほぼ同水準の95~97千㌧程度と見込まれる。
・ 平成29年産の供給過不足については、平成29年産の生産量(検査数量)がある程度明らかとなる来年1月以降に検証を行うこととするが、需給均衡のためには、平成28年産と比べて生産量を▲10%程度とすることが必要である。
・ 平成30年産については、平成29年産の供給過不足に応じて変動が生じると考えられるが、需要に応じた生産を行うためには、平成29年産と同様に平成28年産と比べて▲10%程度の生産とすることが必要と考えられる。

米に関するマンスリーレポート」平成29年10月号

また、「平成29年度 酒造好適米等の需要量調査結果」では、需要の増加・減少が見込まれる品種についての記述があります。

トピック別日本酒ニュース

パリで開かれた品評会の結果が、主に地方紙で取り上げられています。酒米では晩稲の山田錦も収穫シーズンに。そして、農水省が酒米需要の見通しを発表。秋田のNEXT5、今度は建築家がコレクションしたいボトルをデザイン。海外動向のニュースも目立ちました。そして、レストラン・酒場の話題も豊富でした。かつて中央線で活躍していた酒作家の大竹聡さんの新幹線エッセイの単行本も注目。

鑑評会・コンペティション

日本酒・日本酒関連商品

酒蔵・酒造り・地域と酒蔵

酒米

日本酒市場

海外動向・インバウンド

観光・イベント

料理・飲酒文化・酒場

日本酒を知る