/ 日本酒テイスティングノート

燦然 純米雄町 生原酒 日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

備前焼作家、豊福博先生の片口。

どんなお酒を入れようか? もちろん、岡山の酒じゃ!

備前焼作家 豊福博先生の片口

というわけで近所で買ってきた岡山のお酒がこの「燦然(さんぜん)」。大好きな雄町を使った日本酒です。

燦然 藍ラベル 純米「雄町」生原酒

藍ラベル!倉敷と言ったら藍染め。引き締まった藍色のラベルが倉敷らしい。そして原料米は岡山県産雄町。いいねー!岡山じゃねー!

生原酒らしい香味

青りんごのようなフルーティーな香りの下に、米の香りを感じました。全体的にやや強めの香りです。

口当たりは軽く柔らかで、米の甘みと中程度の酸味、やや控えめな苦味、原酒のせいかアルコールの刺激も感じられました。甘辛は中位ですが、旨味もあって全体的に濃醇です。

口に含むと、和梨のようなちょっと穏やかなか甘みを感じさせる香り。

キレが良く、酸味の余韻がじわりと長めに残ります。

合わせたい料理

豚の角煮にあわせたいと思いました。あとは豚肉のソテーとか。「豚肉食べたい!」と思う味と香りのお酒です。

酒器と温度帯

酒器は、分厚い備前のぐい呑みがよくあいました。冷蔵庫から出してちょっとしたくらいの温度(12度位)でいただきました。

ワイングラスでも試してみましたが、たくさんの種類の香が喧嘩するようにワッと出てきて、まとまりが無くなってしまいました。

青りんご、ヨーグルト、籾殻、ミント、青草の香りがわっと一度に来る感じです。

試していませんが、40度位にちょっと温めても行けるかもしれません。

燦然 純米雄町 生原酒 裏ラベル

データ

  • 醸造元: 菊池酒造(岡山県倉敷市)
  • 商品名: 燦然 藍ラベル 純米「雄町」生原酒
  • 原料米: 岡山県産雄町
  • 精米歩合: 65%
  • アルコール度数: 18.5
  • 日本酒度 +5
  • 酸度: 1.8