/ 酒米の系譜

しずく媛〈酒米の系譜・愛媛県〉

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

「しずく媛(しずくひめ)」は愛媛県の農業試験場で開発された酒米です。

「松山三井」(酒造に使われるが酒造好適米ではない)からカルス培養を利用して変異個体を作り出し、そこから選抜されました。

1999年に育成開始、2007年に命名という比較的新しい酒米です。

愛媛県で酒造りに利用されている「松山三井」は近年小粒化などの品質低下が指摘されていました。そこで、より大粒の酒造適性に優れた品種の育成を目指して育成されたのが「しずく媛」です。

その結果、松山三井よりも大粒で心白発煙率が高く、吸水性がよく、タンパク質含有量が少ない「しずく媛」が生まれました。愛媛の「媛」と米からおいしい「滴」が生まれるという意味が込められています。

旨味があり、柔らかい酒質との評価です(愛媛県酒造組合試験醸造酒の官能評価)。

👉 しずく媛を使った日本酒のテイスティングノートなど

参考資料・文献