/ 日本酒テイスティングノート

育酛 純米吟醸 真秀(まほ)|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

透明感があり、蜜のような軽やかな甘味とどっしりとした酸味の楽しめるお酒です。

真秀 育もと 純米吟醸 720ml
若戎酒造㈱
売り上げランキング: 162,744

上立ち香はあまり感じられない。透明感のあるテクスチャ。口に含むと、少しの甘味。蜜のよう。その後、重い酸味がしっかりと広がる。山菜のようなえぐ味を感じます。若草・イチゴ・バジルの香り。奥からほのかに白玉粉の香り。柑橘の皮の印象。切れはよい。余韻は長く、柑橘のピールのような苦味、ほのかに炊いた米の香りが残ります。

バイ貝と合わせました

季節の魚介、バイ貝と合わせました。バイ貝のうま味が、酒の密のような感じを強調し、貝の苦味を酒が包み込みました。うま味の凝縮された料理と合わせたいお酒です。

DSCF0165-0960

うま味が凝縮された寿司にもよく合いました。

DSCF0172-0960

ちなみに、こちらは愛知県一宮市で作られた布袋大根の刺し身。とてもみずみずしく、甘く、繊維もやわらか。まるでジューシーな梨を食べているかのようでした。大根は寒い時期に甘さを溜め込みます。だから12月から4月のあいだに育て、春に出荷します。

DSCF0169-0960

名古屋・新栄町の「肴糀醸やしろ」にて。

(テイスティング日: 2018年4月26日)

ラベル情報

  • 育酛 純米吟醸 真秀(まほ)
  • 〈醸造元〉 若戎酒造(三重県伊賀市)
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 -
  • 〈精米歩合〉 53%
  • 〈特定名称/種別〉 純米吟醸酒
  • 〈アルコール度数〉 16度
  • 〈原材料〉 米(富山県産)、米こうじ(富山県産米)
  • 〈製造年月〉 2018-03

DSCF0162-0960