/ 日本酒テイスティングノート

杉勇 生酛山卸仕込 雄町 純米原酒|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

(テイスティング日: 2017年7月3日)

京都駅近くのサードウェーブ系立ち飲み屋、「しゅらくざ」にて。

酒販店さんがやっている立ち飲み屋です。おしゃれな雰囲気の中、常連らしきお客さんが日の高いうちから静かに語らいながら盃を傾けています。

伏見など付近で造られる酒は置かずに、全国から店主がセレクトしたラインナップ。

普段飲む機会が少ない東日本の酒を注文しました。山形県の杉勇。

杉勇 生酛山卸仕込 雄町純米原酒

きれいな生酛

第一印象は「きれいな生酛」。生酒らしい力強いアタック。とろりとしたテクスチャー。

透明感のある、雑味のない味わい。しっかりとした酸味は上品。米の香り。立ち上がるような苦味。後味にも苦味とアルコール感。滑らかに立ち上がり、滑らかにキレていきます。

杉勇 生酛山卸仕込 雄町純米原酒

ラベル情報

  • 商品名: 杉勇 生酛山卸仕込 雄町純米原酒
  • 醸造元: 杉勇蕨岡酒造場(山形県飽海郡遊佐町)
  • 原材料: 米(国産)、米麹(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 雄町100%
  • 精米歩合: 60%
  • 酵母: 協会701号
  • アルコール度数: 17度
  • 日本酒度: +2
  • 酸度: 1.8
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月: 2017-04
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ: -

杉勇 生酛山卸仕込 雄町純米原酒