伏見帖〈酒処伏見と酒造りのお話〉

住んでいる町、好きな町、思い入れのある町について、小冊子や映像で思いを紹介する「わたしのマチオモイ帖」というプロジェクトがあります。

2015年のはじめに、私はマチオモイ帖を一つ作りました。京都の酒処・伏見と日本酒をテーマにしたもので、伏見のおすすめ散歩コースと、伏見の酒蔵・北川本家さんでお伺いした酒造りのことを中心とした内容になっています。

この「伏見帖」の内容をより多くの方に読んでいただくために、このブログ「日本酒コンシェルジュ通信」に掲載することにしました。

まえがき

「伏見帖」は京都にある日本有数の酒どころ、伏見での体験をまとめたものです。日本酒がきっかけで伏見を知り、酒蔵開きで初めて伏見を訪れました。それから何度もこの伏見に足を運ぶようになりました。

歴史に思いを馳せながら古い町並みの中を散歩して楽しみました。また、酒蔵の方々と交流しながら、伏見、そして京都のものづくりの文化を感じました。

私が伏見で体験したこと、感じたこと、考えたことを、この「伏見帖」でなぞり、何かを感じていただければ幸いです。

もくじ

  1. それは、 ある出会いから始まりました。
  2. 春の伏見散歩
  3. 伏見港公園を散歩
  4. 伏見と水
  5. 大手筋商店街を散歩
  6. 酒造りの現場を体験しました
  7. 米を洗う、米を蒸す
  8. 麹づくり
  9. 酒母造り
  10. 仕込み
  11. 搾り(上槽)
  12. 伏見の酒造りはオープンマインド
  13. あとがき
次へ ▶

日本酒コンシェルジュ🍶Umio

日本酒ジャーナリスト、日本酒コンシェルジュ。京都で感動するほどおいしい日本酒に出会い、その魅力にとりつかれる。日本酒イベント「町家でお酒を楽しむ会」、「日本酒レッスン」で日本酒とそれを支える文化を伝える活動を実践。認定きき酒師、国際きき酒師、酒匠。家訓は「いつも笑顔で、素直な心、食いしん坊ばんざい!」。

京都、東京、高松 https://umio.net

follow us in feedly