/ 日本酒テイスティングノート

東光 純米吟醸原酒|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

1597年に創業した小嶋屋総本店の「東光」。特筆すべきは、この蔵の風土を活かした酒造りの姿勢。仕込み水として使っている地下水の温度は11度。東光の推奨飲用温度も11度である。温度もまた、テロワールである。原料米も契約栽培に取り組み、農家の多くを冬季社員として迎えている[1]。伝統的な杜氏制度のもと「米を作り、米を知る蔵人」がいた時代のエッセンスを継承しているのだ。

東光 純米吟醸原酒 [ 日本酒 山形県 720ml ]
小嶋総本店
売り上げランキング: 28,697

丸い甘味が印象的、穀物とフルーツを感じる豊かな香り

上立ち香に甘い香り、やや熟成を感じる蜂蜜の香り。とろりとやわらかく入り、丸い甘味、酸味が来る。やや乾いた印象。香りはザラメ、道明寺粉、メロン、すだち、ほのかに干し草。余韻はヨーグルトの香り、酸味が口の中を上るイメージ。うま味と苦味が残る。

キャロットラペに合わせた。本場のそれである。両者にある蜂蜜の香りと酸味が同調してよく合った。

(テイスティング日: 2018年2月24日)

ラベル情報

商品名東光 純米吟醸原酒
醸造元小嶋屋総本店(山形県米沢市)
特定名称・種別純米吟醸酒
原材料米(国産)、米こうじ(国産米)
酒造年度-BY
原料米山形県産米100%
精米歩合55%
酵母-
仕込み水-
アルコール度数16度
日本酒度-4
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2017-12
杜氏-
その他情報https://www.sake-toko.co.jp/product/category02.php#item03
商品ページ-

東光 純米吟醸原酒


  1. 風土と酒造り | 東光 ↩︎