/ 日本酒テイスティングノート

月の桂 大極上中汲にごり酒|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

パリの日本酒レストラン Azabu にて、日本酒を楽しんだ。

まずは月の桂のにごり酒。地元フランス人のお客さんにとても好評だという。「にごり」酒については、飲むまではネガティブな印象を持っているが、飲んでみると反応が変わるという。口当たりがよく飲みやすいこととと、乳酸系のニュアンスから、ミルクのカクテルみたいと、アペリティフに楽しまれるとか。そして、米だけで造った酒と言うとまた驚く。どうしてこのようなにごり酒が造られるのかについては、sans filtration (フィルターなし)などワインの醸造工程の用語を使って説明しているそうだ[1]

上品なにごり酒

ワイングラスでテイスティング。第一印象はライトでミルキー。米の印象が強く感じられる。甘味が控えめなのがいい。白玉粉の香りのあとに、ややすだちのような柑橘系の香りがある。苦味が強く、よく切れる。にごりのニュアンスをしっかり感じるけれど、さらりとしたテクスチャー、上品な仕上がりである。京都の風土を思い出す。

活性にごり酒、低温での運搬が必要だ。真冬とはいえ配送に気を配らなくてはいけない。ここで飲むことはとてもプレミアムな体験なのだ。

ミルキーなニュアンスと柑橘の香り、酸味を生かして、フレッシュタイプのチーズと合わせたい。また、スパイシーな味付けの魚卵、辛子明太子にも合う。

(テイスティング日: 2018年2月24日)

ラベル情報

商品名月の桂 大極上中汲にごり酒
醸造元増田徳兵衞商店(京都府京都市伏見区)
特定名称・種別本醸造酒
原材料米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
酒造年度-BY
原料米-
精米歩合60%
酵母-
仕込み水-
アルコール度数17度
日本酒度-
酸度-
アミノ酸度-
製造年月2017-12
杜氏-
その他情報-
商品ページ-

月の桂 大極上中汲にごり酒


  1. 搾り、澱引き、ろ過を正確に説明する点からは少し離れるが、一言でわかってもらうためには適切な説明だろう。 ↩︎