/ 日本酒テイスティングノート

YK3 Canada 純米吟醸・純米・純米にごり|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

Twitterでよく見かけていたけど、飲んだことがなかったカナダのSaké “YK3” をようやく飲む機会に恵まれました。

写真の3種を飲み比べました。左から、純米・純米吟醸・にごりです。

_s-sakeworldcup-DSCF0664

純米ではしっかり米を感じ、純米吟醸は爽やか、そして純米にごりはチーズのコク。それぞれ個性が感じられ、とくに純米にごりのキャラは特筆すべきものでした。

今回はプラカップ1杯づつのテイスティングでしたが、機会を設けていろいろな温度帯で試したり、料理と合わせて楽しみたいと思いました。

理想は醸されている土地でこの酒たちを味わうことです。とくに、現地で愛されている料理と合わせたいです。お取り寄せもいいけど、これからの食文化は旅と密接に関わってくると思うのです。その土地の空気を吸いながら、その土地の人々と交流しながら、食べ物やお酒を楽しみたいですね。

テイスティングコメント

YK3 Canada 純米

米を感じる酒。

軽やかなテクスチャ。やや爽やかな酸味。米を感じる香り。カシューナッツ・アーモンド・ミルク飴・ポン菓子。そこそこのキレで余韻は長く、甘味とカシューナッツの香り、そして少しの収斂味。

YK3 Canada 純米吟醸

爽やかな印象の酒。

ラムネのように爽やかで軽やかな酸味。爽やかだけどしっかりとした味わい。甘味・酸味ともしっかり。ずっと流れる青いニュアンス。余韻はやや長く、またラムネ。

YK3 Canada 純米にごり

日本の典型的なものとは違う、キャラが立っているにごり酒。

やや黄色がかった色調に造り手の思いを感じる。上立ち香はミルキー。スキムミルクの香り。飲んでみると見た目よりライト、でもコクとうま味がある。そのコクは熟成したクリームチーズのよう。甘味とナッツの香り。余韻にはやや収斂味とパパイヤ・カカオの香り。

(テイスティング日: 2019年4月13日)

YK3 Canada 純米: ラベル情報

  • YK3 Canada 純米
  • 〈醸造元〉 YK3 Sake Producer Inc.(ブリティッシュコロンビア州(カナダ))
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 -
  • 〈精米歩合〉 70%
  • 〈特定名称/種別〉 純米酒
  • 〈アルコール度数〉 14度
  • 〈原材料〉 米、米麹
  • 〈製造年月〉 2018-06

YK3 Canada 純米吟醸: ラベル情報

  • YK3 Canada 純米吟醸
  • 〈醸造元〉 YK3 Sake Producer Inc.(ブリティッシュコロンビア州(カナダ))
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 -
  • 〈精米歩合〉 60%
  • 〈特定名称/種別〉 純米吟醸酒
  • 〈アルコール度数〉 15度
  • 〈原材料〉 米、米麹
  • 〈製造年月〉 2018-05

YK3 Canada 純米にごり: ラベル情報

  • YK3 Canada 純米にごり
  • 〈醸造元〉 YK3 Sake Producer Inc.(ブリティッシュコロンビア州(カナダ))
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 -
  • 〈精米歩合〉 70%
  • 〈特定名称/種別〉 純米酒
  • 〈アルコール度数〉 14度
  • 〈原材料〉 米、米麹
  • 〈製造年月〉 2018-05

_s-sakeworldcup-DSCF0663