/ 日本酒テイスティングノート

よしのとも 純米原酒・吉乃友 富の香 純米吟醸生原酒|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

富山出張の折に同じ町内まで到達したものの時間切れで訪問できなかった吉乃友酒造のお酒に、まさかの吉祥寺で出会いました。!

この日は未来日本酒店に店長さんを訪問。10種類のお酒をブラインド・テイスティングして好みの酒を選んでくれるYUMMY SAKEを試したあと、おすすめをお願いしたら選んでくれたのが「よしのとも純米原酒」と「吉乃友 富の香」。

YUMMY SAKE のレポートはこちら。

よしのとも純米原酒

富山県産五百万石を使った「純米原酒」は原酒らしい力強いアタック。米のニュアンスがたっぷり。

吉乃友 富の香

「吉乃友 富の香」は,力強くてジューシーな味わい。モダン酒。富山県オリジナルの酒米「富の香(とみのかおり)」を使用。富の香は山田錦と雄山錦(こちらも富山県オリジナル酒米)を交配してつくられた比較的新しい酒米です。酵母も富山オリジナルの花酵母。富山が詰まったお酒です。

どちらも切れがよく、余韻が短いのが特徴的でした。

テイスティングコメント

よしのとも 純米原酒

淡い山吹色が美しい。上立ち香に米を感じる。糠・乾燥させた柑橘ピールの香り。口に含むとアルコールを感じる力強くまろやかなアタック。そしおて米を感じる香り。ほのかにメロンの香り。原酒らしい力強さ。甘味は控えめだが酸味は強く、富の香とは対局にある力強さ。切れはよく、余韻は短い。

吉乃友 富の香 純米吟醸生原酒

しっかりした酸味と甘味できらきら・ジューシーな印象。メロンの香り。切れがよいが、余韻が短い。

(テイスティング日: 2019年3月12日)

ラベル情報

よしのとも 純米原酒

  • よしのとも 純米原酒
  • 〈醸造元〉 吉乃友酒造(富山県富山市)
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 富山県産五百万石100%
  • 〈精米歩合〉 65%
  • 〈杜氏〉 佐藤達彦
  • 〈特定名称/種別〉 -
  • 〈アルコール度数〉 17度
  • 〈原材料〉 米(富山県産)、米麹(富山県産米)
  • 〈日本酒度〉 +5.0
  • 〈酸度〉 2.0
  • 〈製造年月〉 2019-01

_s-yummysake-DSCF9375

吉乃友 富の香 純米吟醸生原酒

  • 吉乃友 富の香 純米吟醸生原酒
  • 〈醸造元〉 吉乃友酒造(富山県富山市)
  • 〈仕込み水〉 -
  • 〈原料米〉 富山県産 富の香100%
  • 〈精米歩合〉 60%
  • 〈酵母〉 魚津リンゴ花酵母(富山県食品研究所開発)
  • 〈杜氏〉 佐藤達彦
  • 〈特定名称/種別〉 -
  • 〈アルコール度数〉 15度
  • 〈原材料〉 米(国産)、米麹(国産米)
  • 〈製造年月〉 2019-01

_s-yummysake-DSCF9377

参考資料