/ 日本酒テイスティングノート

残響 super7 2016|日本酒テイスティングノート

日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio 日本酒コンシェルジュ 江口崇 aka Umio

宮城県にある新澤醸造店のプレミアムなお酒。精米歩合7%と極限まで米を磨いています。原料米の蔵の華は高度精米に耐えうる固さですが、精米には140から150時間もかけているそうです。

新澤醸造店を訪問した際にテイスティングさせていただきました。

滑らかでダイナミックな味わい

7%精米ということで、軽やかな味わいという想像に反して、しっかりとした味わいでした。

口当たりはとても滑らか、味わいがダイナミックに立ち上がります。そしてさっと短時間できれいに切れます。その間、味わいの経過はとても滑らかで美しい曲線を描きます。

ベルベットのようなややとろみのある、滑らかテクスチャーです。香りは軽やかなメロン。そして上等な白玉粉の香り。甘味はしっかり感じます。気がつくと切れてます。さっと切れています。そして余韻にはほのかにメロンの香り。

酵母は自社酵母を使っています。

残響 Super7

(テイスティング日: 2017年4月26日)

ラベル情報

  • 商品名: 残響
  • 醸造元: 新澤醸造店(宮城県大崎市)
  • 原材料: 米(国産)、米麹(国産米)
  • 醸造年度: -BY
  • 原料米: 蔵の華*
  • 精米歩合: 7%
  • 酵母: N16酵母(自社酵母)*
  • アルコール度数: 16度
  • 日本酒度: -
  • 酸度: -
  • アミノ酸度: -
  • 製造年月:
  • 杜氏: -
  • その他情報: -
  • 商品ページ: -

ラベル以外の情報源

  • * 蔵元情報

「残響 Super7」はSake Competition 2016のSuper Premium部門で金賞を受賞しています。

残響 Super7